安心と安全の為に

ハンドピース専用小型オートクレーブ

歯を削る器具をハンドピースと呼びますが、昨今この器具の消毒の問題が話題となっております。

当クリニックでは、約40本のハンドピースを患者様の使用ごとに取り替え、専用オートクレイブで細部まで殺菌消毒しております。

高精度手術用顕微鏡(マイクロスコ-プ)

「より高い精度での診療をご提供するために」
当クリニックでは、患者様へより高い精度でのご診療をご提供するため、高精度手術用顕微鏡(マイクロスコ-プ)を導入いたしました。
顕微鏡を用いた診療では、従来の裸眼では確認できなかった、お口の中の異常や、詰め物等の適合状態をより詳細に確認することができ、治療の効果を高め、口腔疾患の再発予防にも高い効果を発揮します。
虫歯になった歯質をより正確に取り除き、患者様の歯をなるべく削らずに、また根の治療などでは、より深い確認しづらい部位も正確に治療することができます。

歯科用CT


当院ではこれまで以上に正確な診断、安全な治療を行うために、最新式の歯科用CT(コンピュータ断層撮影装置)を導入致しました。

 

一般のレントゲンでは見えなかった部分が容易に確認できるようになり、さらに正確な診断をおこなうことができるようになりました。埋伏歯、過剰歯、根尖病巣、根分岐部病変、顎関節症やインプラント治療、矯正治療など幅広い応用が可能で、治療の安全性を飛躍的に高めます。

患者様に優しい高性能

検査時間はわずか8.9秒(通常検査)〜23秒(高精度撮影)と世界最高水準で、座位による楽な姿勢で無理の無い検査を実施します。また被曝線量も従来の医科用で行ってきたCT検査と比較して10%未満で、安心して検査を受けることができます。

※他歯科医院様のCT撮影依頼を承ります。詳しくはお電話ください。
※歯科用CTについての詳しい知識を得たい方は、こちら

CT放射線量比較図

(2011-05-19・161KB)

生体モニター機器

生体モニター機器とは、テレビの医療ドラマで見かける心電図、血圧、脈拍、動脈血酸素飽和度など患者様の体調を客観的に観察管理する機器です。
当クリニックでは、外科的処置をする際や一般的な処置でも患者さまの体調が悪い場合は、モニターすることによって治療を中止するかどうかの判断に使用します。
血圧の高い方、心臓に疾患のある方、体調の悪い方治療に不安を感じている方などに用います。
インプラント治療時や笑気吸入鎮静療法を用いる時によく使います。

AED

AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。

レーザー治療

■CO2(炭酸ガス)レーザー

 

レーザー(Laser)とはLight Amplification Stimulated by Emission of Radiationの略であり、非常に高エネルギーを持った光線です。発生させる装置や波長により多数のレーザーが有りますが、歯科では歯牙などの硬組織や粘膜などの軟組織に作用させる数種類の医療用レーザーが用いられています。当クリニックでは主に軟組織の処置を得意とする炭酸ガスレーザーと初期の虫歯の切削やインプラント周囲の炎症に効果があるエルビウムヤグレ−ザ−の2機種を採用しております。


適用処置としては

●歯質の強化や切削歯面の滅菌
●知覚過敏
●根管内の消毒滅菌
●歯周治療におけるポケット内の殺菌および歯周ポケットの掻爬
●膿瘍の切開や口腔内小手術における粘膜の切開
●抜歯後の止血や疼痛・腫脹の軽減
●歯肉メラニンの除去
●初期ウ蝕(虫歯)の切削
●インプラント周囲炎の消炎
●その他

 

■Er:YAG(エルビウムヤグ)レーザー

患者様の負担を軽減する、レーザー治療。
医療の現場において、レーザー治療は広く活用されています。
歯科治療では、タービンで歯を削る従来の治療と違い、音や振動を抑え、患部をピンポイントとで切削することが可能な、新しい治療方法として普及しつつあります。

人にやさしい、レーザー治療の理想型
歯科治療に用いられるレーザーには、さまざまな種類がありますが、Er:YAG(エルビウムヤグ)レーザーは、他のレーザーと比べ組織深部への影響が最も小さく、痛みが非常に少ないのが特長。
どなたにもやさしい治療法として取り入れています。

笑気吸入鎮静療法と酸素供給装置

歯科治療が怖いと言う方が結構いらっしゃいます。
脳に近い箇所を治療するからです。
恐怖のあまり受診を控え、その結果進行悪化し更なる恐怖心を呼び起こす診療を受けることになってしまっている方もいらっしゃいます。

笑気吸入鎮静療法はそんな方の為に「怖くない歯科診療」を御提供いたします。鼻マスクをつけて笑気を吸入するだけで治療中の不安・不快を遠のけ、痛みを和らげる方法です。


■鼻マスクをつけて、ゆっくりと鼻呼吸をします。
数分で怖さは遠のき、心地よい少し暖かい気分になります。


■麻酔注射の時も少しも怖くありません。
気持ちはすっかり穏やかになり、治療椅子にしがみつくこともありません。


■削ったり抜いたりの治療中も、少し気が大きくなり怖さを忘れています。
体の機能は普段と少しも変わりなく、医院のスタッフとの会話も可能です。


■治療が終了すれば、酸素を吸入することで元に戻ります。
長い治療も苦になりません。


安全と安心のため、御希望の方は御相談下さい。保険治療でも適用できます。
*通常よりも診療時間が少し長めになります。使用に際して「予約制」となります。